2012年06月27日

最終回

早いものでもう4ヶ月の留学生活が終わろうとしています。
みなさんに協力してもらったこの留学ブログも今回で最後です。

今週の土曜日には大半の日大学生は帰国します。
みなさんこの4ヶ月どうでしたか?何か身につけられたでしょうか?友達はできましたか?
大半の方は今年の12月から就職活動が始まり、大変な生活が始まります。
この留学で学んだことや他国の人たちから学んだ事を遺憾なく発揮し、9月から始まる新学期・就職活動に向けてそれぞれが個々に準備しましょう。

日本大学国際関係学部のみなさんブログのご協力ありがとうございました。

PS、4ヶ月共に勉強をし、互いに切磋琢磨した韓国人学生のみんな将来どこかでまた会えることを望んでいます。
posted by 日大国際留学生 at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

北京16発目!

大家好!

国際交流学科3年の山田恵美です。
北京にきてもう既に3ヵ月が過ぎました・・・(*´д`*)
もう本当に早い、早い!時間経つのがあっという間!!



今回は学食について紹介したいと思います!
北京大学の中にはたくさんの食堂があります。
麺類や炒飯や包子、カレーや丼物など種類も様々で飽きません(´ω`*)


そして私のおすすめの食堂は北京大学西門を出て目の前にある畅春园という食堂です!
P1030741.JPG


**食堂内の雰囲気**
P1030742.JPG
P1030744.JPG


**実際のメニュー**
P1030754.JPG
P1030756.JPG

ここの食堂は大学の中の食堂よりも建物が新しく味も日本人向けなものが多いです\(^O^)/
画像の水餃子と嘛辣汤がめちゃくちゃおいしいです♪♪
これらは一食大体5〜8元(大体100円前後)で食べられます。
畅春园は大学院生用の食堂みたいなので学内の食堂に比べるとちょっと高いですが
学内の食堂だったら1食3〜6元くらいで食べられると思います!!!
ちなみにほとんどの食堂は持ち帰りが可能です。
だからタッパーを買うといろいろ便利かもしれません(*´д`*)

街のレストランやファーストフードも、もちろんおいしいですが値段が学食の10倍とかします。
毎日の食事ですので是非学食も利用してみてください!
そしておいしい学食を発掘してみてください!

でもたまには日本食が恋しくなるのでお味噌汁やレトルト食品を持っていくことをおすすめします\(^O^)/


・・・食べ物の話ばっかりになってしまってすみません(P_q)
来週からは期末テストが始まりそのあとは内モンゴルに旅行に行ってます!
残り少ない留学生活ですが一日一日を大切にして有意義に過ごしたいと思います♪







posted by 日大国際留学生 at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

北京15発目

こんにちは。
国際関係学科3年大澤綾子です。

私は今、北京で思いっきり青春を味わっています。

というのも北京大学は勉強だけでなく学生活動も盛んで、
私は北京に来てすぐに「风雷社」というダンスサークルに入ったからです。
最初はただみんなであそびたいと軽い気持ちで参加したのですが…

北京大学のサークルは規模がちがいました。((((;゚Д゚))))

风雷社にはいくつものスポンサーがいて、プロモーションビデオを撮影したり、
百周年記念堂という大ホールを貸し切ってダンスショーをしたり、
もはや学生の域を超えています。
large_6bNQ_6aa400000aed125b.jpg
北京大学の大舞台に立てる一方で
求められているものも高く、
練習は24時をまたぐこともありました。

でもその中で自然と深まっていくメンバーとの絆。

疲れを知らずに
週4でカラオケに行ったり、
川で遊んだり、
朝まで語り明かしたり。

練習後にみんなで食べたスイカは
いままで食べたどんなスイカよりも
おいしかったなあ…


ずっと検定のために勉強していたのが
いつのまにか
みんなと雑談するために勉強するようになっていました。

そのためなら勉強も楽しくて、
そのためならどれだけでも頑張れるような気がして、
留学ってこういうことなんだなって
今ひしひしと感じています。


残りあと1ヶ月、
最高に幸せな環境を与えてくださった
日大国際関係学部の職員のみなさんはじめ、
北京大学、先生方、両親、
そしてかけがえのない友達に
感謝の気持ちをもって過ごしていきたいです。

大澤綾子large_JFZA_7ca700000b3f125d.jpg
posted by 日大国際留学生 at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

北京14発目!

大家好!

国際文化学科3年の内田恵です。
北京に来てこの半年留学も残り1カ月を切りました。
最後の追い込みとして課題やテストで大変です。ですが毎日充実した生活を送っています^^

先週の土曜日に小旅行で天津に行ってきました。
そこで天津について一部紹介をしたいと思います^^

ここは商店街になっていて食べ物やレストランがたくさんある南市食品街。
IMG_1858.JPG

そこで天津で有名な狗不理包子という肉まんを食べました(^o^)
IMG_1851.JPG

この場所から車で5分くらいの場所に古文花街という場所があり、花文字を書いてくれる人がいます。
カラフルなお花や動物を混ぜて自分の名前を書いてくれました^^
お土産に最適ヽ(^o^)丿
IMG_1869.JPG

このような思い出を作るのもあと少し;
長いと感じていた日々も残り少なくなった今、日が経つのがとても速く感じます。
検定もテストも間近ですが全部を含め、悔いが無いように楽しい生活を送りたいと思います!


                                         END

posted by 日大国際留学生 at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

北京13発目


大家好!

国際交流学科3年 橋真希です。
13発目ということで、私の方から紹介することはあまり残っていません(;・∀・)
なので、共に勉学に励む仲間たちの近況について少し紹介させていただきます。
この留学期間も残り一ヶ月程となりました。延長を考えている学生もいますが、
その大半が帰国日を心待ちにしています。
ホームシックとまではいきませんが、やはり日本の味が恋しい様子です。
日本から送ってもらったカップラーメンや味噌汁を巡って
バトルを繰り広げる友人たちの姿を見掛けるほど(笑)


先日、日本から私たちの友人が遊びに来てくれたのですが
その時にもらったお土産は本当に嬉しいものでした(*´д`*)
日本にいて気づかない日本の良さがここ北京にいるとよく分かります。


仲間たちの近況を報告するつもりでしたが、私自身も帰国を心待ちにしています。
ですがその前に期末試験・中国語検定が待ち受けているので、
気を引き締めて勉学に勤しみたいと思います。



以上、国際交流学科3年 橋真希でした。


posted by 日大国際留学生 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

北京12発目!!

大家好!\(^o^)/
私は国際文化3年の宮里夏実です!
そろそろ中国生活にも慣れてきました♪
でもやっぱり街中のおじさんの言葉はちょっと聞き取りづらいです・・・(;O;)
最近の出来事としてHSKがありました!
私は申し込みが遅かったのでパソコンでの受験しか残っていませんでした・・・
HSKは中国語検定とはまた違った形式で対策の仕方が全然違います。
今回はみんな初めて受ける人がほとんどでしたがみんな前もって勉強に励んでいました!
テストの前日から緊張している人もいましたよ〜(*^_^*)
私はパソコンで受けましたがパソコンで受ける場合トラブルが起きる率が高いです(;一_一)
私もパソコンが真っ暗になってすごくびっくりしました・・・
なので早めに申し込みをすることをお勧めします!筆記の方をおすすめします(*^^)v
HSKも終わりましたが次はテスト期間の時期がきます!
中国語検定もあります(;O;)
忙しいですがラスト中国生活頑張っていきま〜す♪
以上宮里でした(*^^)v
posted by 日大国際留学生 at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

北京11発目!


大家好!
国際交流学科3年、橋本綾華です。

今回は、中国の美味しかった食べ物について紹介します。IMG_0910[1].JPG

これは、酸辣纷という食べ物です。写真からも分かるように、食べると喉にくる辛さで、麺の食感も良くて
とてもおいしいです。

IMG_0995[1].JPG
これは、牛肉西红柿という食べ物です。トマトベースのスープにうどんのような麺が入っています。
少し辛目だけど日本人の口に合うと思います!

紹介した料理は、北京大学の西南門の近くの食街で食べられます。

中国の食は、合うものと合わないものとありますが、まずは挑戦してみることです。

中国に行った際には、いろんな食べ物に挑戦してみてください!





posted by 日大国際留学生 at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

北京10発目!


大家好!
国際文化学科3年、中村ひとみです。

今回は、北京の観光地、“南羅鼓巷”と“什刹海”を紹介したいとも思います。

“南羅鼓巷”は、約700年前の元の時代に名付けられた胡同(街)で、
カフェ、雑貨店、フードコートなど多くの店が並んでいる。
ここのオススメは、牛乳プリンである。どのお店よりも行列ができていて、特に女性に人気のようだ。
P1000599.JPGP1000598.JPG

他には、北京名物つぼ入りヨーグルトなどもある。P1000589.JPG

“什刹海”は、前海と后海の二つの湖からなり、おしゃれなバーやカフェが並んでいる。
湖の周りを三輪リキシャに乗って、廻るのも風情があって良い。P1000650.JPGP1000637.JPG

北京に行った際にはみなさんも行ってみてください!P1000615.JPG





posted by 日大国際留学生 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

北京9発目!

ニーメン・ハオ!(皆さん、こんにちは)
ビジネス情報学科の浜田剛知です。

 日本では桜が散り、気温もだんだん暖かくなってきた頃でしょうか。北京では今まさに、“柳絮”(リュウジョ)が辺り一面を飛び交っています。“柳絮”とは、柳の木の種子に綿の付いているもので、北京では4月の中旬から下旬にかけて、春の到来を知らせる風物詩になっているそうです。この時期はどこに行ってもフワフワフワフワ、たくさんの綿毛が漂い、春の訪れを告げています。

(大学内にある"未名湖"と"博雅塔")
CIMG4154.JPG
 

 そんな春の告知者から、北京大学の敷地内へと視線を動かすと、日本では考えられない光景が飛び込んで来ます。いくつものテニスコート、バスケットコート、ジム、道場、プール、卓球場などの娯楽施設に加え、沢山の食堂や売店、レストラン、そして湖や公園、塔など歴史的建造物まであるのです。それはまるで小都市のようで、そんな大学の中で1日の生活は全く外に出ないでも完結してしまう。しかもこの巨大大学を一目見ようと、毎日、内外の観光客が訪れ、大学内はいつも大勢の人で賑わっています。
 
 これだけ聞くと、あたかもパラダイスのようですが、どうしてどうして、ここは中国。何をするにしても、まずお金。娯楽施設も食堂も、洗濯も、とにかく全てにおいて、先立つお金が必要です。社会主義というより拝金主義の傾向が顕著に見られます。学生たちも「近未来の中国版ビル・ゲーツ」を目指してモーレツに勉強しており、日本との学生気質の違いに戸惑うこともしばしば。それから、全体的に建物などがちょっと汚れてグレーっぽい。柳絮が灰色の景色に染まらず白い綿毛のまま飛べる日が来るといいな、と思っている今日この頃です。
posted by 日大国際留学生 at 23:50| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京8発目…って書くべきだよね(笑)

どうもこんにちは。
国際文化学科三年生の加藤賢一です。

中国の北京に来てもうすぐ2ヵ月になります。
この留学生ブログを読んでいて『日本を離れて外国に行ってみたい!!』と思う人もいるのではないでしょうか??
しかし、海外での生活は様々な文化の違いなどが多々あります。
そこで今回は留学して感じた中国の生活環境や注意すべき点について書きたいと思います。

中国に着いたときに一番初めに困ったことがトイレ事情です。
よく、中国のトイレには扉がついていないといわれていますが、実際にそのとおりで北京大学内の学校にあるトイレにも扉がついていないことがあります。それ以外にも、トイレットペーパーが無い、水が流れない、公衆トイレが有料などと日本では考えられない設備が見られます。
北京では近年オリンピックの影響でトイレの設備は整いつつあるようですが、それでもやはり日本人にとっては抵抗があります。最低限、ポケットティッシュを大量に持っていくのをお勧めします。

次に白いタクシー(白タク)について書きます。
白タクとは営業許可を受けず、自家用車を使ってタクシー営業している車をさします。
北京では認可されているタクシーのカーナンバーは、「京B0000」と、アタマに北京の「京」と、Beijingの「B」がついています。「京B」がついていない車は白タクになりますので、あまりに乗らないようにしています。 白タクは向こう側から声をかけてきますが、乗ると法外な乗車料金を請求してきますので、正規のタクシーとの見分けが重要になります。

最後に偽札について書きます。
中国では偽札が大量に出まわっているので、紙幣の額を高くするとそれだけ損害が増え。(100元=1400円くらい)
基本的に100元札が偽札で出まわることの多い紙幣です。しかし100元札は人から受け取らない限り回ってこない紙幣です。個人を通じて両替するのは危険で、街中で外貨と人民元を替えてくれる闇両替屋がいます。通常のレートより安く替えてくれるので両替すると、偽札を掴まされる恐れがあるそうです。
友人の経験ですが、中国信用銀行のATMで100元札を下ろした時に偽人民元が混じっていて、宿舎の家賃を払う時に「それ偽札だよ。」と言われて驚いたことがあるそうです。理由は不明ですが、ATMからも偽札が排出されることがあるようです。

基本的に中国の治安はあまり良くはありません。特に日本人旅行者は注意が必要になります。人気のある観光地ではスリが多いので荷物に気をつける必要があります。日本人は欧米人よりもぼんやりしているのか特に目を付けられやすいようです。

中国に旅行へ行く際は気を付けて楽しい旅行にしてくださいな。
posted by 日大国際留学生 at 03:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。